SDGs持続可能な開発目標

Promoting SDGs

持続可能な社会の実現に向けての、
のうか不動産の取り組みをご説明いたします。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT  GOALS
01.貧困をなくそう 02.飢餓をゼロに 03.すべての人に健康と福祉を 04.質の高い教育をみんなに 05.ジェンダー平等を実施しよう 06.安全な水とトイレを世界中に 07.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 08.働きがいも経済成長も 09.産業と技術革新の基盤をつくろう 10.人や国の不平等をなくそう 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を 14.海の豊かさを守ろう 15.陸の豊かさも守ろう 16.平和と公正をすべての人に 17.パートナーシップで目標を達成しよう

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。(外務省HPより抜粋)

これまでの取り組み

すでに行なっているわたしたちの活動の中の「SDGs」の掲げるゴールに向けたものをご紹介します。

12.つくる責任つかう責任

空室・建物の機能の維持

わたしたちは管理物件において96%の高い入居率を誇っています。古い物件は適切なメンテナンスを施し、賃貸物件としての機能を維持するなど、建物を有効活用するお手伝いをしてきました。

11.住み続けられるまちづくりを

入居から退去までの独自サポート

一般的な不動産会社のようにお部屋を契約して終わり、という関係から、退去するまで、ずっと入居者さまに寄りそうようなサービスを展開してきました。カフェやバスやイベントがその代表です。

10.人や国の不平等をなくそう

留学生を含む学生支援

外国人向けのホームページは中国語・英語の2ヶ国語対応。幅広い国の方に住まいを提供しています。そして、グローバル営業課スタッフの尽力により各大学とのネットワークが強化してきました。

これからの取り組み

さらに地域で必要不可欠なインフラ機能をもつ企業をめざします。
また、社内のはたらきやすさにつながる取り組みにも挑戦していきます。

10.人や国の不平等をなくそう 17.パートナーシップで目標を達成しよう

さらなる外国人の受け入れ

少子高齢化・労働力不足などさまざまな要因により、今後外国人の入居者さまが増えることは間違いありません。わたしたちは管理戸数の90%を外国人に提供できるよう努めます。そのためには、わたしたち自身が偏見や差別の意識を考えなおすことが必要です。

05.ジェンダー平等を実施しよう 08.働きがいも経済成長も

ジェンダーレスな働き方

たしかに男性・女性それぞれに適材適所の業務がありますが、ときにはその枠を超えてお互いに協力しあうことが大切です。育児休暇は男性社員がとることも認められています。会社内外で力をあわせ、より働きやすい環境をつくります。

[ PICKUP CONTENTS ]