のうか不動産

NOKA
RECRUIT

不破

人生にわずかしかない機会が
印象に残るものになるように。

新卒採用

CHINATSU FUWA

不破 千奈都

賃貸営業部 もりの里店/2019年入社

小学生時代のコンクール受賞をきっかけに書道をはじめる。大学では書道を専攻し、漢詩の一節をひたすら書く日々を過ごした。社内のお笑い担当としても活躍。現在のところ、彼女の右に出る者はいない。石川県出身。

あなたの職場の様子を教えてください。

相談相手がたくさんいて
けど、燃える職場。

わたしは、お客さまのお部屋探し全般をお手伝いしています。所属しているもりの里店は、近くに複数の大学がある関係で、学生さんやその親御さんがよく来店されます。近隣には小学校もあるので、家族でいらっしゃるかたも少なくありません。そんなお客さまを受け止める営業スタッフは約10名。同期も含めて年の近い仲間がいるし、先輩も距離感が近いのでいろいろと聞きやすいです。たまに飲みに行くこともあるんですよ。もともと希望していた営業職になったんですけど、営業って成績が数字で見えるじゃないですか?月ごとの成約数はスタッフごとに確認することができるようになっているし、今日誰がどのお部屋を成約したかもわかるんです。お客さまの来店が多い日に、わたしだけダメな時なんかは悔しくて。とくに同年代のスタッフががんばってると燃えますね。とはいえ、いまはミスが無いようにひとつひとつの仕事を確実にこなすことを意識しています。めっちゃ時間かかるけど、ちょっとずつスピードも上がってるって思うようにしています。はやく余裕持ちたいですね、がむしゃらにとかじゃなくて。もうちょっと、そつなくスマートにできるようになりたいです。件数を追いかけるのはその後ですかね…。

記憶に残っているエピソードは?

涙がちょちょ切れた
試練の時間…。

一番のエピソードですか?ロールプレイングです!クリアできなかったらお部屋探しデビューできないっていう営業スタッフへの登竜門です。上司をお客さんに見立てて一連の流れを通しでやってみるんですよ。上司が出した条件に合ったお部屋をピックアップして、お部屋へ案内して、見積書の説明をして。その頃は入社したてだったので、上司のするどい眼差しに緊張しまくりで。お部屋までの移動中の雑談もまったくできなくて。「自信がなさ過ぎるのが伝わってきてこっちが不安になるわ!経験とか知識とかなくても、とりあえず自信持って紹介してくれ」って言われて不合格に…。もちろん褒めてもらえたところもあるんですけど、ダメ出しされた部分で凹んで。すごく悔しかったのを覚えてます。会社にはバディ制度というのがあって、なんでも相談できる先輩が決まっているんです。いっしょにダメだった点を見返していただいて、ロールプレイングも付き合ってもらいました。そのうえで上司にもう一回挑んだ結果、なんとかクリア!いまでは毎日お客さまのお相手をさせていただいてるんですけど、あのときほどドキドキしたことはないんですよね(笑)けどいま思えば、あのピリピリした感じ。ほんとにいい経験になりました。

どんな風に成長していきたいですか?

お客さまに寄り添えて
笑いも生めるように(笑)

わたし、京都でひとり暮らしをはじめるときに、中途半端なお部屋探ししかできなかったんですよね。両親が入試のときについて来て、あるところでお部屋を紹介してもらったんです。まず、古めだけど使い勝手は悪くないのを2つ。その後に、築浅ですごくキレイなお部屋。そんなん見せられたら「ここにしたい!」って思いますよね?そこに決めちゃいました(笑)けど暮らしはじめてみると、ものすごく使い勝手が悪かったんですよ。お部屋探しは一生に数回しかありませんよね。なのでわたしはお客さまに寄り添った接客を目指しています。入居後にわたしみたいに残念な思いをさせることのないように、お部屋はかならず3つ紹介するようにしていますし、お部屋の弱みがあれば伝えるようにしています。同じ部署に理想の先輩がいるんですね。すごくやさしくて、彼女目当てのお客さまが結構いらっしゃるんですよ。わたしは成約件数とか肩書とかを追いかけるというよりは、この先輩みたいにお客さまの印象に残る接客がしたいと思っています。あ、あといまは、お笑いキャラ全然出せてないんですよね。仕事ちゃんとできるようになって自信ついてきたら、少しずつキャラ出していって、わたしのファン増やしていくぞー(笑)

この記事の内容は取材当時のものです。